特別編【麺匠ようすけ】

CIMG1658.JPG
どうもっ zanです(*^▽^*)

みなさんの好きな食べ物は何ですか?

私はラーメンが好きです。
今日は番外編の特別篇。

東京に行ってきました。
前回はあまり調査しないで行ったんですが、
今回はしっかり下調べをしてから行ってきました。

そこは・・・
中野にある・・・

青葉

ではなく

濃厚鶏白湯のお店


そう食べログ2016ラーメンランキングにも
名を連ねる

麺匠ようすけ

に行ってきました。
CIMG1659.JPG
ここのお店はみなさんに本当に紹介したいお店です。
中野に行く機会があればぜひみなさん食べてみてください。

店の中はカウンター席のみ7席
店の外に券売機が置いてあり、(今思えば大丈夫なのか?)
食券を購入してから外に並びます。

8人外に並べるように道路に番号が振ってあります。

④③②①
⑤⑥⑦⑧

と。
CIMG1662.JPG
外にはこだわりの製法が。

で、ここのお店は濃厚鶏白湯のお店なので
もちろん濃厚鶏白湯ラーメン+味玉
をいただいてきました。(850円)

店内には雑誌dancyuの記事が掲載された
切り抜きがありました。
CIMG1664.JPG

ここではラーメンもつけ麺も
カットしたレモンを出してくれます。
(店主がお使いになりますか?)
と聞いてくれます。

半分くらい食べたら入れてお使いください。
とのこと。味変ですね。

昼時に行きましたが、外で10分位かな?
待ちましたが食券を渡していたので席について
3分位で着丼。

いざ、ご対面です。
見事な黄金色のスープ。
鶏白湯とはこういうことだ。と
物語っているかのようなラーメン。
ここまで表現されて思わず、おぉ。と声が出てしまいます。
CIMG1665.JPG
さっそくスープをいただきます。
レンゲに入れ、すすってみると
鶏が濃厚なんですよ。
いや、しっかりとした濃い味わいなのに
これが全然くどくない。
しつこくない。
すぐにまた口に運びたくなる。
なんなんだ?このスープは???

いやぁ、麺と絡めてみたい。

そう思い、麺をあげてみると、
けっこう細めの麺ですね。

もっと細かく言うと加水率低めの中細のやや縮れた麺。
(140gだったかな?
券売機に書いてあったのをみると。)

すすり始めると
もう止まりません。

味わって食べていましたが、
考えるのをやめてしまします。
CIMG1666.JPG

おいしいものを味わいたい。
ただ、それだけで。

具材は小ねぎ、メンマ、玉ねぎ、糸唐辛子チャーシューが2種類
いづれも鶏チャーシューです。
白っぽいのはよく見るチャーシューだけど
赤っぽいのは一回焼き入れてるのかな?
(えっと、真空低温調理法ですね。表の張り紙にあったゎ。)

モミジを大量に使い、10時間煮込まれたスープは
コラーゲンたっぷりと女性にも人気になりそうですね。

なんだろう。
ちょっと、水戸市内の某お店では濃厚鶏のお店で
一口ふた口でもういいや。
となりましたが、

ここは別格。比較するのも失礼なくらい。

濃厚なんだけど、モミジなんですかね?非常に食べやすい。
しつこくない。最後までいただけちゃう。
たまりませーーーーーーーん。

味玉も醤油(カウンターにおいてたのもヒゲタ醤油なのでここのかな?)
がしみ込んで箸が透けて見える半熟。ぬかりなし。

半分食べたので、レモン投入。
しぼります。

確かにさわやか。
心地よい春の風が自分を通り抜けていくかのよう。

スープの最後の最後まで飲み干してしまいました。
完食!!!

ちなみにつけ麺もいけます。
つけ麺は他店はスープの味が濃いところも多いですが、
全然。そのまま飲めちゃうような鶏白湯。
麺と絡めてもしっかりおいしい。
意外とつけ麺の麺は平たい麺です。
これまた絶品。
CIMG1663.JPG
スープ割りのスープもカウンターに置いてますので、
自由にいつでも割れます。
ラーメンも後半きつくなってきたら薄めるのもありだと思います。
(ラーメンにも。と書いてます)

いやぁ、流石。店主にもごちそうさまでした。
おいしかったです。と伝えてきました。

またいきたいですね。

zan


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック